アウトリーチ能楽 専敬寺

6月28日上越文化会館から贈り物を頂きました。

興味はあっても普段は、なかなか敷居が高い伝統文化 『能楽』

今回は、小黒専敬寺本堂にて開催されました。講師の方は、

能楽師の方々で ワキ方・狂言方・囃子方の内二役の方から

ワキ方、      高井松男様より高砂を一番教えて頂きました。

囃子方、笛 方  栗林祐輔様より笛の吹き方を教えて頂きました。

囃子方、小鼓方  大山容子様より小鼓のたたき方を教えて頂きました。

伝統文化の伝承者である皆様ですので固い方かなーと思いましたが、

栗林先生の能楽は伝統文化服装は、黒紋付袴これ以外には有りません

でも生地は、化繊です。最初から気分がほぐれました。

皆さんユーモアたっぷりにお話をされとても温厚で親しみ易く丁寧に

ご指導いただき笛や小鼓に触れる事が出来良い経験になりました。

しかしいざ本番では、圧倒的な迫力に飲み込まれる様な力強さを感じ

能楽師である皆様の経験と度量の大きさを感じました。高井先生の練習

しないという言葉の裏の積み上げられた練習量の多さを感じずにはいら

れませんでした。大変ありがとうございました。感謝